酷暑で要注意!! 夏のトラブル!バッテリーを長持ちさせるには…パート①

バッテリーは温度変化に弱く、特に低温状態ではその機能が著しく低下してしまいます。

そのため、冬場にバッテリー上がりのトラブルが多いんです…が、気温が高い夏も、バッテリートラブルは多いんです!

冷房での電力消費が増えてバッテリーの負担が一気に増えることも要因の一つです。

※2019年6~8月におけるJAFの出動回数を見ると…ダントツ1位はバッテリー上がり(6月:4万7998件、全体の30.94%)。

出先でバッテリー上がりによる立ち往生とならないために、バッテリーのコンディションを知っておくのは大事なことです。

そこで本格的な夏を迎える前に、愛車に取り付けられているバッテリーのコンディションチェック方法から、バッテリーを長持ちさせるためのコツまで解説していこうと思います。

まずは、バッテリーの基礎知識から…。

車に使われている鉛酸バッテリーは今から200年前も前に発明されたもので、そこから構造的にはあまり進化していません。

 

それくらいシンプルで完成度が高いものだから、広く使われているんですが…車のバッテリーは近年になって多様化し始めています。

補水型と呼ばれるものは昔ながらのバッテリーで、液のレベルを点検し、必要に応じて補水や補充電を行なう必要のあるバッテリーのこと。

構造が単純で特別な工夫をしていないスタンダードなタイプなので、価格もリーズナブルです。

通勤などで毎日クルマを使い、一度の移動である程度の距離を走るなら、性能はこれで十分!

 

メンテナンスフリー型はMF型とも表示されます。

これは上部のカバー部分に複雑な通路を設け、充放電で発生する水蒸気と、水素ガスは空気中の酸素と結合させて結露することにより、バッテリーセル内に戻す構造としている為、バッテリー液が減ることは少なく、補水不要を謳っています。

ただし、まったくのメンテナンスフリーでいいという訳ではなく、あくまで補水の手間がほとんど要らないと考えておいた方がいいでしょう。

ハイブリッド車は補機類用バッテリーを搭載しているが、これは密閉式のMF型で専用品を採用している車種も多いようです。

充電制御車用バッテリーというモノも登場しています。

これはバッテリーの状態に合わせてオルタネータによる発電を制御している車用に最適化したバッテリーで、従来より充放電のメリハリが大きくなる使い方に対応しています。

従来はエンジン始動直後にバッテリーへの充電を行った後も一定量の発電を行ない、電装品への供給と同時にバッテリーの電圧を確保するようにしているのですが、この発電による抵抗が駆動損失となって燃費を悪化させることから、クルマの消費電力が少なく、なおかつバッテリーが十分に充電されている状態の時にはオルタネータによる発電を抑えて、駆動損失を抑えるのが充電制御という仕組みです。

電圧が下がった時にオルタネータで充電させるため、バッテリーの電圧変動は従来より大きいので、充電回復力が高く、充電回数も多い耐久性に優れた特性を有します。

アイドリングストップ車専用バッテリーもいまや一般的。

信号待ちなどでアイドリングストップするということは、セルモーターでの始動回数が増えるので、短時間に大電流を流す回数が増えるということ…通常バッテリーでは、バッテリー寿命が極端に短くなります。

鉛バッテリーを2個搭載するものもあります。

この方式を採用しているのは、今のところ「セレナS-HYBRID」だけです。

アイドリングストップのバッテリーへの負担を軽減するためとはいえ、ディーラーで交換すれば6万円はくだらない…。

(;‾Д‾)タケ~

これは充電制御よりも変動幅が大きく、オルタネーターとバッテリーの能力と負担はさらに求められるので、性能が高いだけでなく、価格も高価となってしまいます。

まぁ…週末しか乗らないし、近所の買い物のみというのであれば、寿命も長い専用バッテリーを選んだ方が結局は出費が抑えられることもあるので、我が家のカーライフを考慮して選択するのが

ドライバッテリーと呼ばれるものには、従来のバッテリー液をゲル化した鉛酸バッテリーと、リチウムイオンバッテリーの2種類がある。

どちらも補水不要の密閉型で、横倒しにしても使えるなど、MF型以上の使い勝手の良さを誇る製品です。

後者はスマホやノートPCで使われているリチウムイオンバッテリーをクルマ用に最適化し、非常にコンパクトでパワフル!

エネルギー密度が高いため、非常にコンパクトになるというメリットはある反面…高価で劣化の仕方も鉛酸バッテリーとは異なるので、電装品が多い市販車に普段使いするはオススメ出来ません…あくまで競技用と考えた方がよいでしょう。