新車で買えない魅惑の車たち…ホンダS600

完全に、私の独断と趣味の内容となっている「新車で買えない魅惑の車たち」シリーズ第二弾!

今回はホンダ「S600」をご紹介致します。

今回S600を紹介しようと思ったのは、「住居と車庫の大規模改装を予定しているので、オートアベニューで引き取って欲しい…。」と引き取り依頼を受けたからなんです。

車庫の奥で「S600」と「MG」が写真の状態で置かれていました。

どちらも50年越えの年代物です。

北九州管轄の地域なのに福岡ナンバーなところなんか凄いでしょう。

とりあえず、S600を先に引き上げましたが…タイヤはペシャンコ…リヤブレーキは固着してビクともしません。

( ̄ー ̄;)マイッタナ…

タイヤを交換して、レッカー車を投入!四苦八苦しながら、なんとか引きずり出すことが出来ました。

 

とりあえずタイヤは新品に交換したので、リヤブレーキの固着を何とかしなければ…と分解を試みます。

叩いたり…引っ張ったり…炙ったり…ヽ( ̄□ ̄))))) キェェェェ!!!

奮闘すること2時間…やっとカバーが外れ、無事ブレーキの解除が出来ました!

…っと、当社でする作業はここまでです…レストア作業には膨大な時間と技術と経験が必要になります。

50年以上も経った車となると、残念ながら当社では手に負えません。|||(-_-;)||||||

あとは、ザッと内外装を仕上げてオークションに出品します。

  

こんな感じに仕上がりました!

これからこの「S600」はどこかの業者に買われ…レストアされて、新しいオーナー様のもとへ行くのでしょう…。

近年、日本の中古車はどんどん海外へ流出しています。

古き良き時代の文化を残すためにも、このS600には完全復活してもらって日本の道路を元気に走り続けて欲しい物です。