タントが1年遅れのフルモデルチェンジ!

ダイハツのハイトワゴン「タント」が7月に、ようやくフルモデルチェンジします!

実は、4月ごろにはこの情報を知っていたのですが…企業秘密の為、公表できませんでした…m(_ _;)m

(ゴールデンウィーク明けに、現車も見させて頂きました。)

 DNGAの新しい考え方で、ダイハツはプラットフォームからパワートレーンに至るまですべてを一新するようです。

DNGA(ダイハツ ニュー グローバル アーキテクチャー)とは…

車輌の軽量化と剛性向上、安全性の確保、そして柔軟性のある車種展開を可能にし、今後のクルマ作りに対応する。

さらに電動化+将来技術に対応できるポテンシャルも備える…と、いうものです。

剛性が高く軽量なプラットフォームはサスペンションのジオメトリー設定も含めて自由度が高く、衝突安全性だけでなく安定した運動性能や、快適な乗り心地も実現できます!

従来型に比べ80kgも軽量化できたことで、中間加速力は13%も向上!

エンジンへの負担が少なくなり、実用燃費も向上するなど嬉しい限りです。

更に…

スマートアシストIIIの小型ステレオカメラを使って前走車の速度に合わせて走ってくれるACC(アダプティブクルーズコントロール)採用で、渋滞時には運転者の負担軽減できます。

また、車線維持支援機能車線逸脱防止制御も併せて採用されているのもGood!

スマートパノラマパーキングアシスト」という新たな駐車支援システムが優れもので…モニターで駐車したい位置を指定すれば、ハンドル操作を自動で行い、並列駐車も縦列駐車もOK!

期待たっぷりの新型タントは、7月にデビューします。

事前予約は始まっていますので、興味のある方は是非ご来店下さい!