BMWと言えば…オイル漏れ

BMW全てオーナーが頭を悩ませているのがオイル漏れ…。

E型から現行のF型になってからはオイル漏れに加えて、点火係のトラブルが頻発しております。

こちらの116iもアイドリングの不調でお預かりしました。

コンピューター診断機に掛けてみると、やはり点火系のエラーが…。

イグニッションコイルを交換し、プラグも全て交換しました…しかし、これで終わらないのがBMWなのです。

そう…オイル漏れです。こればっかりはコンピューターでは解りません。

漏れている個所を慎重に探します…どうやらエンジンの後ろ側が怪しそうです。

 

この場所にはバキュームポンプが在りますので、その線が濃厚です。

これが取り外したバキュームポンプです。 調べてみると…やっぱり漏れてました。パッキンで使われいるOリングの劣化が原因のようです。

 

では、チャチャっと交換しようと部品屋さんへ電話すると…なんと!Oリング単品の部品供給が無い!?

E型にはあったオーバーホールキットも、F型には無い…

つまり、バキュームポンプ本体ごと買わなければならない!?

その価格…なんと!7万円!!高すぎる!(`ε´)ぶーぶー

こんなOリングごときで7万円も出せませんので、代用品を探します。

部品が届くまでの間、バキュームポンプをバラシて軽くオーバーホールします。

ここまでで、新車ディーラーであれば20万円オーバー確実です。

オーナー様からは「安く上がってよかったぁ~」と、喜びの言葉を頂きました。