オーバーヒート後のエンジン積換え作業

 

 

 

ラジエターの水漏れが原因でオーバーヒートした為、エンジン本体がご臨終…。
中古エンジンへ載せ替え作業開始!
…エンジン降ろして、仕入れたエンジンへミッションを合体!…出来ない!?Σ(・ω・ノ)ノ!
フライホイールが当たってしまい、廻せない…なぜ??
調べてみると…この時期発売された車には「AT」と「CVT」のミッションが混在しており、
当時は購入時にミッションを選択することが出来ていました。
つまり、この車のミッションは「CVT」だったのに対し、仕入れたエンジンはATミッションだったんです。
結局、全ての補器類を移設…加工…etc
どうにかこうにか組み上げ、搭載出来ました。ε=(´Д`;)ホッ…。